⑰亀山(かめやま)古窯跡群 倉敷市玉島八島

 JR新倉敷駅から県道を西へ進んだ道に接した北側、神前(かんざき)神社の低丘上に中世須恵器窯跡群があり、その北方山陽自動車道に至る果樹園一帯にも窯跡群所在地。これらは亀山焼と呼ばれてきた。山陽自動車道で一部調査。民衆が用いた鉢・甕・壷の類を主に、寺院の瓦も生産。陶の古代須恵器を受け継いだ中世須恵器の産地。