S安養寺(あんようじ)瓦経塚 倉敷市浅原

 戦前に浅原安養寺裏山から掘り出した瓦経塚資料は法華経、心経が完存、瓦製宝塔、図像瓦、塔婆形題箋と共に国重文。安養寺蔵。出土地近くで、戦後に紙本経塚一基を発見。さらに先の瓦経塚に接して別の瓦経塚を発見調査し、焼成が悪く粘土化していたとはいえ、豊富な内容の瓦経塚を埋納状況を含めて明らかにし、造営年代まで判明。(報告書『安養寺瓦経の研究』)。(9)(83)(84)(85)(145)