A由加(ゆが)銅剣出土地 倉敷市由加

 蓮台寺と由加権現の北側裏山で戦後間もなく炭焼窯を築くとき、銅剣5本が出土。内1本は紛失、平形2本と細形2本が残り、細形の1本は考古館蔵。平形の1本はS字連続渦文と綾杉文があることで有名。